無料ブログはココログ

文化・芸術

2010年6月 3日 (木)

三船祭

先日出かけてきた三船祭

美しい新緑の中、神幸列の車が置かれていた。

外人さんも記念撮影♪

Img_6552

京都車折神社からの神幸列が嵐山渡月橋を渡り

Img_6607_4   

大堰川にてご船遊。

Img_6638_2 

それは優雅な行列だった。

車折神社から行列の出発を見て、すぐに嵐電で嵐山へ向かった。

渡月橋の上で行列を待ち、川へと移動。

この日はとても暑くて、汗が流れた^^

そうそう~いつものわんちゃん(侍わんちゃんと命名~)に出会えた。

Img_6497

この子には時代祭でも祇園祭でも会っている。

結構有名かも(^-^)

三船祭

5月14日の車折神社(くるまざきじんじゃ)例祭の延長神事(行事)として昭和御大典を記念して昭和3年より始められた祭り。

毎年5月第3日曜日嵐山の大堰川(おおいがわ)において、御座船・龍頭船・鷁首船など20数隻を浮かべて、御祭神である清原頼業公が活躍された平安時代の船遊びを再現する。三船祭の拝観者は約10万人に及ぶ。

ブログ村に参加をしています。

クリックをしてくださると嬉しいです。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

2010年6月 2日 (水)

「コーラスライン」

劇団四季の「コーラスライン」を観てきた。

http://www.shiki.gr.jp/applause/chorusline/index.html

京都劇場での上演は二度目だが、私は初めての観劇だった。

新作ミュージカルでのコーラスダンサーを選ぶオーディションが行われている。

最終選考に残った17人が、1本のラインに並ぶ。

「履歴書に書いてないことを話してもらおう」

演出家のザックの問いかけにひとりひとりが自分自身のことを語り始める。

境遇や悩み、17人それぞれの言葉がまるで自分の人生をまるごと認めていくように感じた。

選考が進んでいく中で17人のうちの一人が足を痛める。

「もし、今日を最後に踊れなくなったらどうする?」

演出家の問いかけに全員が答える。



「悔やまない 選んだ道がどんなにつらくても全てを捨てて 生きた日々に悔いはない」と…。

夢を見て、それに向かって生きて、それがたとえうまくいかなくとも

それに向かって生きた日々には悔いがない。

自分はどうだったのか。。。。

夢…あったように思うけれど、それを叶える努力もせずに

まわりのせいにしてあきらめていたのではないだろうか。。。

パンフレットとCDを購入。

改めてキャストを確認して、にんまりとしている私なのでした。

ブログ村に参加をしています。

クリックしていただけると嬉しいです。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31