無料ブログはココログ

映画・テレビ

2010年6月 9日 (水)

映画「RAILWAYS~49歳で電車の運転士になった男の物語」

映画「RAILWAYS~49歳で電車の運転士になった男の物語」を観てきた。

http://www.railways-movie.jp/

エリートサラリーマンが今の地位を捨て

子供の頃の夢であった電車の運転士へと転身をする。

49歳…これが最後のチャンス。

今まで夢に真剣に向き合ったことがなかった主人公・肇(中井貴一)は

故郷の懐かしい景色を眺めながら、自分の夢を思い出していた。

「大人が夢みてもいいんですね」

この言葉が心に残った。

「好きなことをするのが一番の親孝行」

「いくつになっても夢に向かって歩いていてもいい」

「ゆっくりでいい。毎日少しずつ進んでいればいい」

この映画には人生の岐路に立った時に思い出したくなる言葉がたくさん詰まっています。

必死で働いて、気がつけば、家族の心さえもわからなくなっていた主人公・肇。

美しい田園風景の中を走るローカル列車の運転士として

心を取り戻してゆく姿には涙が流れました。

そして、場面の展開がうまく、ゆったりとしているようで、時間は進んでいる。。。

映像で心の切り替えを表現していたりと、イメージの膨らむ映画でもあったように思う。

年齢層は少し高めですが、どの年齢の人が見ても、それぞれの立場で感じることのできる映画だと思いました。

しかし、よく泣いたなぁぁ…。(*゚ー゚*)

本当に心の底から感動し、共感できる映画でした。

ブログ村に参加をしています。

クリックしてくださると嬉しいです。

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

2010年6月 6日 (日)

観たい映画

最近観たい映画が多くて困る。


なんていっても一番観たいのは~ RAILWAYS ~49歳で電車の運転士になった男の物語

主役の中井貴一・その妻に高島礼子。娘役に本仮谷ユイカだなんて、キャストも素晴らしい。


忙しい毎日の中、忘れていた気持ちに気づき、自分の夢だった電車の運転手になる。
それも49歳という年齢で…。

まさに我が身にドンピシャな年齢で、考えさせられることも多そうに思う。
「もしも自分だったら…主人がそんなことを言い出したら…」

その時の状況にもよるだろうが、反対する人が多いのではないかと思う。

しかしいいだろうな…「そう言えばそんなことを考えていたな」と職業にできるってこと。
そして家族との絆も取り戻し、生き生きとした毎日を送れることって。


そしてもう一つ観てみたい映画。

告白

湊かなえ原作の映画化。
本は以前に気になって買ったのだが、いまだに読まずに本棚の中^^
タイトルからはラブストーリーなのかなと思いそうだけど、その意外性が面白そう。
松たか子の先生役も楽しみだ。


堤真一主演の孤高のメス…これも見逃せない映画。

堤真一の外科医役って、ぴったりな気がする。
「容疑者Xの献身」で見たあの彼からは想像できないが、予告編を見る限り、期待ができそう。


中井貴一にしても堤真一にしても、少し年を重ねた方が味がでてきていいな

あくまでも私の個人的な意見だけれどlovely


ブログ村へ参加をしています。
もしもよかったらクリックしてくださると嬉しいです。
↓  ↓  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31